Dog Driven Development

プログラミング関連で試行したことや、勉強会参加の記録を残していきます。

ほぼAndroid初心者の私がDroidKaigi2016で学んだこと

droidkaigi.github.io

2/18,19の2日間、Android開発者のイベントであるDroidKaigiに参加してきました。

普段はWebアプリの開発が中心で、業務内でのAndroid開発はつい最近始めたばかり、プライベートではちょっとしたアプリ(WebのAPIをちょっと叩くやつとか)を作ったりした程度の知識だったのでどれだけ話についていけるか不安は大きかったのですが、結果的に初心者からのステップアップに役立ちそうな情報を多く手に入れることができました。
参加して本当によかったと思っています。

そんな、ほぼAndroid初心者の私から見てとても参考になったセッションの情報をいくつか挙げて簡単にまとめてみました。

Android Lintで正しさを学ぼう

www.slideshare.net

Android Lintを使うとAndroid開発でのアンチパターンや凡ミスを検出できるので、品質の指標にもなるし積極的に使っていこうといった内容でした。

スライドの中で紹介されていた事例は、初学者がやりがちな凡ミスが半分ぐらいだったり、知らないとやらかしそうだと思えるものが多くありました。

お作法的なところを調べるのは結構時間かかったり見落としたりしがちなので、Android初心者はlintしながら開発すればAndroidの学習速度も早くなりそうです。 簡単に利用できるので、積極的に使っていこうと思います。

2日目基調講演 第1部「Support Libraryノススメ」 第2部「Support Library Internal」

サポートライブラリ DroidKaigi 2016
※リンクを貼っておいてアレですが、私の環境ではうまく動いてくれずスライドの内容が確認できませんでした。。。

Support Libraryは基本的にAndroid SDK後方互換性を保つものということから、Material Designの実装が容易にできる補助的な機能も提供しているという紹介をしている内容のセッションでした。
compileSdkVersionとライブラリでメジャーバージョンは一致させる必要があるというお作法的な話から、各ライブラリごとに提供している機能の説明を聞けて、今後の利用の参考になりました。

他のセッションで聞いた内容も考慮すると、特別な理由がない限りは基本的にSupport Libraryを使った実装を行うのがよさそうだと思いました。

パフォーマンスを追求したAndroidアプリを作るには

speakerdeck.com

いくつかの観点を挙げ、それらに対して比較的簡単に実施できるパフォーマンス計測方法と改善についての情報がまとまっているセッションでした。

パフォーマンスに関するものは必ずどこかでぶつかる問題ですし、そういったところに早期から目が行くようになれば初心者がやりがちなまずい実装を避けることができそうです。

また、簡単に計測できる方法というのが非常に良いと思います。 めんどくさいというだけでやらない理由としては十分ですからね。。。

Android Dev Tools Knowledge

www.slideshare.net

Android開発における便利ツールAndroid Studioプラグインの紹介のセッションでした。
Android Studioプラグイン、たくさんあることは知っていましたがPostfix CompletionやAndroidWiFiADBぐらいしか詳細を把握していなかったので、こういう形でまとめていただけるのはほんとにありがたいです。
デバッグ関連のツールも結構紹介されているので、このあたりの情報を使って開発に慣れていこうと思います。

他にも学んだことはありますが、雑なまとめとしては以下のような感じですね。

  • コード書いたらAndroid Lintする。これだけで解決できることは多い。
  • 基本的にはSupport Libraryを使った実装にする。
  • ある程度簡単にパフォーマンス計測できる方法があるので、継続して計測し改善に努めよう。
  • めんどくさい作業を効率化するツールはたくさんあるので、有効活用するべき。

…理解しきれなかったものもそれなりにあったので、しばらくは開発して慣れてからスライドを再度見てみようと思います。